パーカッション

昨日のアサヒフレッシュサウンドの練習に新しい方が参加されました。
パーカッションです。
私はてっきりコンガとかティンパネスなどを想像していましたが、全く別物でした。
画像

画像

電子パーカッションでした。
8つのパット部分にあらかじめ音をセットしておいて手やスティックで叩きます。
こうしてみると管楽器は昔から何も変わっていません!
プラスティックのラッパやボーンはありますが、演奏会で使えるレベルではないようですが、この先全く違う楽器が
出来るのでしょうか?
電子パーカッションに期待!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2018年04月23日 23:34
こんばんは^^
電子パーカッション初めて知りました
カホンなら見たことありましたが
2018年04月24日 18:25
縄文人さん
私も初めて見ましたが、手で叩くとそれなりの音がして
面白いです。打楽器系は新しいものが出てきますね。
カホンは以前一緒にやっていた人が自作のを持ってきて叩いていましたが、座って叩くのはむつかしそうです。
2018年04月26日 10:07
おっ、打楽器系きましたねー><♪
やはりローランド社はこの系に強いですよね!自分の電子ドラムもローランド社です。…もう10年前のですけれど@@;

音的にもかなり進歩しているでしょうね。
かなりへヴィ―な曲を叩いていた時も、これはPearlの生ドラに付随させてLiveでも使っていたのですが、
僕は嗜好的に、いまいち電子系は満足できず。
やはり生だよなぁ~とか思うときもあるのです^^ゞゴメンナサイ

ですが管楽器も同じです、やっぱりその人の呼吸が入って(気持ちが入ってこそ)温かな音が出て楽曲が生きてくるのかもしれないなぁとか思うときもあるのです…ゞ

ですが、いいですぁ…><
演るのめちゃくちゃ楽しいですものねー><!叩きたいですよぅ~;;
2018年04月26日 18:33
ソフィアさん
体調は大丈夫ですか?
あまり無理しないでくださいね。
電子楽器系はロ-ランドが強いですよね!
楽器は自分のこだわりや思い入れがあるので、自分が使いやすいのが一番です。実際どれだけ音が違うのかは、わかりませんが、これが一番と思って使うことが大事なのでしょうね。
是非に叩ける場所を見つけて楽しんでください。

この記事へのトラックバック