3日目 一支国博物館

壱岐島3日目は島を一望できる展望台に行きました。
シマデン隊はかなり大きな島で遠くに対馬がかすんで見えました。
そこから原の辻遺跡公園に向かいましたが日本3大遺跡になるところで、まだ全体の20%しか発掘調査がされていないのでこの先、何が出てくるのか期待が大きいそうです。
IMG_2555.JPG
IMG_2554.JPG
IMG_2553.JPG
IMG_2552.JPG
この遺跡の全体を見張らせる場所に一支国博物館があります。黒川紀章の最後の設計となる斬新な建物です。
IMG_2574.JPG
IMG_2571.JPG
弥生時代から大陸との交流がありその様子がジオラマで再現されていたり、当時の刀や日常品などが展示してあり歴史を学ぶことが出来ました。大きなスクリーンで当時の様子が映像で見られ、そのスクリーンが上に上がると現在の原の辻遺跡が見渡せるなかなか凝った造りになっていました。多くの歴史が刻まれた島ということを改めて知ることが出来ました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年10月04日 19:36
この辺は歴史的に見て国際的に複雑そうですからね。いろんな遺跡があるんでしょうな。なにが出るか分からないというのがなんとも楽しみですな。埋蔵金とか!?
スイングおじさん
2020年10月04日 21:02
nas-nas さん

遥か昔から大陸との交流があったようです。
これから発掘が進めば歴史を変えるようなものが出るかもしれないです。