イタリア旅行 番外編 車事情

イタリアに着いてまず驚いたのがタクシーでした。
画像
半数以上がプリウス・プリウスαのハイブリットでした。
なんでもガソリンが世界一高いようで、ハイブリットカーが増えているようです。
イタリアのどの都市も中心部は駐車場がないので、路上にギリギリに止めていますので多分、前後の車を少しずつ押して出ていくのではと思われます。
日本のようにきれいな車は非常に少ないです。
画像
一番多いのはフィアットパンダです。フォルクスワーゲンはゴルフよりもポロのほうが多いようです。アルファロメオはジュリエッタを見かけることがありますが、街中ではほとんどが小型車ばかりです。
画像
このような古いパンダも現役でいました。
画像
画像
オペルもよく見かけますが、こうしてみると小粋でカッコイイですね。そういえば以前ビータに乗っていましたがコペンに変えてしまいました。
画像
ほとんど見かけないレクサスですが、NXが止まっていました。
画像
今一番気になっている車のシトロエンC4カクタスですが赤のアクセントが実にセンスを感じます。日本にも200台販売されましたが、カタログモデルにはならないのでしょうか?
画像

画像
私の知らない車ですがスポーティでいい感じでした。
画像
カッコイイアルファのセダン、日本には導入されていないと思いますが、159の新型でしょうか?
画像

基本的には日本のようなミニバンは全くありませんが、後ろが分かりにくいですがフィアットのバンはよく見かけました。日本車ではトヨタのヴィッツ・日産マーチ・が一番多く見かけましたが、日産のジュークやエクストレルも走っています。意外だったのがトヨタのIQですがこれは日本より多い気がします。
そのほかではフィアットのグランデプント(これも乗っていました)ミニ・スマートやオペル・フォードの小型車・プジョー・シトロエン・ルノーのフランス車も走っています。今の所有車のルーテシアも走っているのを見かけると
内心嬉しくなりました。
フェラーリやランボルギーニなどのイタリアのスーパーカーはほとんどが海外で売れているのでしょうか?
全く見かけることがありませんでした。まあ道の狭い街中では乗れないし、置いておく駐車場もありませんので
当然でしょうね!
こうしてみると日本は車の種類がものすごく多いことを実感しました。

"イタリア旅行 番外編 車事情" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント